院長あいさつ

院長 宮本 正喜

院長 宮本正喜

2017年の4月1日よりサニ-ピアクリニックの院長に就任いたしました。

長年、消化器内科を専門とともに、医療情報学も専攻してまいりました。

サニ-ピアクリニックでは、4月より消化器系の検査を中心として、外来部門を充実し、消化器病、糖尿病、代謝疾患等の内科疾患、および禁煙外来も行っております。生活習慣病にも重点を置いております。さらにサ-ビス付き高齢者住宅に対する外来部門、老人保健施設の外来部門としても機能しており、これからの高齢化社会への貢献を進めております。従来からの検診、人間ドック部門もより充実を図っており、多くの方々の疾病予防にも貢献したいと考えております。

経歴

1974年 大阪大学工学部機械工学科を卒業
1978年  (株)兵庫電気工業所 
1984年 神戸大学医学部医学科を卒業
2000年 神戸大学医学部附属病院助教授、
2002年 兵庫医科大学 主任教授(医療情報学)、情報センタ-長、
2017年 サニ-ピア医療保健協会 サニ-ピアクリニック院長

 役職・資格

日本消化器病学会:専門医 指導医 元支部評議員
日本消化器内視鏡学会:専門医 指導医 支部評議員
日本内科学会:認定内科医
日本消化管学会:胃腸科認定医、指導医(暫定)
日本ヘリコバクタ-学会:H.Pylori感染症認定医
社会医学系:専門医、指導医 
日本糖尿病学会
日本東洋医学会
日本医療情報学会:評議員、上級医療情報技師指導者
日本医療マネジメント学会:評議員、兵庫県支部:顧問
地域医療福祉情報連携協議会:監事
兵庫医療情報研究会:代表世話人
兵庫県診療情報管理研究会:顧問
NPO メディカル指南車:理事長

 

 主な著作物

1. 出版物・マスメディア関連

  • 医療情報・医学医療編(篠原出版新社)
  • DPCと病院マネ-ジメント(じほう)
  • 大震災における救急災害医療(へるす出版)
  • 知識の森 医療情報システム(オ-ム社)

2. 論文

  • Effect of Treatment on Frequency of Campylobacter pylori and the Histology ofthe Antrum,: T.NAKASHIMA, M.MIYAMOTO, Campylobacter pylori and Gastroduodenal Disease Vol.2,In;T.Takemoto, K.Kawai, and T.Shimoyama eds.Organized Comittee of Tokyo International Symposium on Campylobacter pylori, 2、260~267、1991.
  • Effect of Synthetic Prostaglandin E1 Analog (Ornoprostil) on Gastric Emptying and Pancreatic Polypeptide Release after Solid-Meal Ingestion in Man:H.OKANO, M.MIYAMOTO. Digestive Diseases and Sciences. 36、47~51、1991.
  • HOSPITAL INFORMATION SYSTEM, M.MIYAMOTO, M.KONO, M.KASUGA, S.BABA;The first international conference of Health、202~210、1991.
  • Eradiation of Antral Helicobacter pylori and Gastroduodenal ulcer Recurrence
    T.NAKASHIMA, M.MIYAMOTOHelicobacter pylori and Gastroduodenal Diseases Vol.3, In;T.Takemoto, K.Kawai, Organized T.Shimoyama eds.Comittee of Tokyo International Symposium on Helicobacter pylori: 222~227、1991.
  • Colon Polyps Detected by Constrast Chromoscopy Using Indigo Carmine: capsule.H.MITOOKA, M.MIYAMOTO, Dig.Endosc. 4、350~354、1992.
  • Chromoscopy of the colon using indigo carmine  dye with electrolite lavage solution、H.MITOOKA, M.MIYAMOTO, Gastrointestinal  endoscopy 38、373~374、 1992.
  • Pericholangitis with Ulcerative Colitis Following Autoimmune Hepatitis over 12 years, S.CHUJO, M.MIYAMOTO, : Internal Medicine、31 (10) 1228~1232、1992.
  • Quantitative analysis of the gastric ulcer healing process using video endoscopic pseudocolor imaging system:F.Tamada, M.Miyamoto:Journal of Clinical   Gastroenterol、20、 52~55、1995.
  • HLA-DRB1*1502 Allele, Subtype of DR15, Is Associated with Susceptibility to Ulcerative Colitis and Its Progression:S.FUTAMI, M.MIYAMOTO,: Digestive Diseases and Sciences:40 (4) 814~818、1995.
  • Induction of Fas-mediated apoptosis in p53-tra fected human colon:T.Tamura, N.Aoyama, M.Miyamoto,:Oncogene:11. 1939~1946.1995.
  • Delayed gastric emptying in bulimic patients:A.Inui, M.Miyamoto,N.Aoyama, S.Baba, M.Kasuga:THE LANCET、346 : 1240、1995.
  • EML523L,a nonpeptide motilin against, improve stric emptying and stimulates pancreatic polypeptide secretion in Man:H.Okano, M.Miyamoto, N.Aoyama,:Peptide:17、895~890:1996.
  • Development and functional evaluation of an analog picture archiving  and communication system(APACS) with signal data extraction from  moving images:H.Takeda, M.Miyamoto.:CAR'98 p354~358:1998.
  • Evaluation of tablet device for electronic patient record: M.Miyamoto, M.Sako.:  TEPRA'99 :p98~101:1999.
  • Great Earthquakes and Medical Information:M.Miyamoto, M.Sako,: Journal of American Medical Informatics  Association:6:252~258、1999

 


クレジットカードが使えます

お知らせ

2017年12月25日 年末年始休診のお知らせ
2017年12月 1日 神戸市胃がん検診(内視鏡)のご案内
2017年7月 4日 担当医師変更のお知らせ
2017年4月 1日 医師体制変更のお知らせ
2017年4月 1日 クレジットカードが使えます

お知らせの一覧